☆開催レポート☆2013.5.25.Sat【大阪】


2013年のレポート
2013.5.25.Sat【大阪】
素敵栄養士委員会100人イベント
「素敵栄養士をめざす人 この指とまれ!」開催レポート

130525_000

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんにちは。「素敵栄養士100人イベントin大阪~素敵栄養士をめざす人 この指とまれ!~」のレポートを担当いたします、関西の栄養学生団体【fun】副代表・重里真希(じゅうりまき)です。 この100人イベントはこれまで東京で数回開催されてきましたが、待望の関西圏・大阪での初開催が実現しました。2013年2月16日の東京でのイベント時、私たち栄養学生団体【fun】は発足間もない状態で参加。そのご縁もあって、今回大阪開催でのイベント実行の中心メンバーとしてお手伝いさせていただきました。

イベントはアイスブレイク(自己紹介タイム)からスタート!!!と思ったら、東京よりもなんだか空気が張りつめ「え、ここ大阪やんな!?」とスタッフも不安に……。
しかし、いざ始まってみると「さっきまでの空気感はなんやったん?」と思うほど、笑顔あふれるにぎやかな雰囲気になりました。少しかしこまった空間にいると、どうも緊張してしまう…でも少数対少数になった瞬間に打ち解ける。
これが関西の空気感なのかもしれませんね。とにかくひと安心でした!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゆきよ委員長講演 「‘ステキだね’といわれるHappyな生き方」

130525_001

アイスブレイクが終わり、続いて素敵栄養士委員会・ゆきよ委員長(柏原幸代:一般社団法人日本健康食育協会 代表理事・管理栄養士)の講演です。初めにこれまでの経歴を語っていただきました。迷うくらいならやってみる。そして [食と健康]の可能性は無限大であり、私たちが好きを仕事にするためにはしっかりと報酬を得ること。報酬の重要さを知るいい機会になりました。あの人と仕事がしたい・あの人に頼みたいと思われるような人間になる。その言葉にグッと心をつかまれた人もたくさんいたようです。そして実際にやりたいことを思い描く際には、収入をどう得るかも一緒に考えるという部分はとても重要です。栄養士は真面目な方が多く、考えすぎて頭でっかちになりがちなので、行動する際は収入のことも考えておくことが必要。現実問題として、お金のことは重要なことであり、しっかりと考慮するべき。また、女性としての働き方、生活の仕方についても考えさせられるものがありました。様々な観点から“素敵な人はイキイキとしている”ということを伝えてくださいました。

パネルディスカッション「働き方を考える~自分らしい働き方とは?」

活躍されている3名の管理栄養士の方にご登場いただいてのパネルディスカッションです。

130525_002

~フードコーディネーター&経営者の立場から~
柴田真希さん(株式会社e-Mish 代表取締役・管理栄養士)
女子栄養大学短期大学部卒業後、集団給食、栄養カウンセリング、業務用冷凍食品(デリカ)の企画・開発・営業などの業務に携わる。栄養の知識を習得したものの、長年便秘の悩みを抱えたまま…という時に「雑穀」と出会い短期間で便秘解消!雑穀の特長を活かした「自分らしい理想的な食事」「お料理の楽しさ・素晴らしさ」を伝えるべくフリーランスとして独立、そしてついに昨秋会社設立。柴田真希さんは、まず給食施設での真っ白い服に身をまとって調理をしていた日々の話など、その頃は女子力が低下していたということなどを赤裸々に話してくださった。実際にその場に働いていなかった人には想像できそうで、想定できないことを聴くことができた。また、そこから一歩踏み出して社会に出たときの、社会性のなさを痛感したと言う。現実問題として私たちは栄養学を学ぶということを前提に、当たり前のことながら社会人としてのマナーやスキルを磨いていくことも要される。そして現在、料理教室・商品開発のアドバイス、レシピ・料理撮影など、管理栄養士として幅広く仕事をこなしておられる。行動力に富んでいて、ひとつひとつの行動が今の活動にきちんと繋がっていると感じた。自分がしたいと思うこと、自分の理想などを常に周りの人に伝えることで自然と話が進み、良い方向に向かうということを学べた。

130525_003

~ダイエットアドバイザー&サロンオーナーの立場から~
三城円さん(トータル健幸美ダイエットサロンSan-CuBic代表・管理栄養士)
実践女子大学卒業後、給食会社に就職。病院給食での現場経験を経て、スポーツ栄養分野を深めたいと決意し筑波大学大学院へ進学(運動栄養学)。その後、「パーソナル食生活相談(カウンセリング)」を開始し、タレント・くわばたりえさんの産後復帰ダイエットのサポートなどを行う。2011年にはダイエットサロンをオープン。対象者ひとりひとりが体を自己管理するサポーター、『パーソナル管理栄養士』として活動を拡大中。三城円さん自身が病気になったことを乗り越え、現在ではいきいきと活動を行っている姿に感動。また、自宅でサロンを開くなど、管理栄養士が働ける場の幅広さを感じた。これから管理栄養士が活動していける場のひとつとして、サロンがあるというお話しを聞いて管理栄養士の活動の幅を広げていくことの大切さを知り、まだまだ活動できる場があると実感。スポーツ栄養の分野を学ぶために、大学院に進学された。進学先にはアスリート選手がたくさんおり、非常に良い経験になったそうだ。私たちの進路を考えるうえでも、ひとつの方向性として参考になった。向上心を持ち続けていくことが今後の新しい発見になるのかもしれない。私たち自身が今学んでいる栄養学が可能性に満ち溢れていると期待と希望・誇りを感じた。

130525_004

~スポーツ栄養士&働く母の立場から~
馬淵恵さん(FREC株式会社 代表取締役・管理栄養士)
共立女子大学家政学部卒業後、明治乳業に入社し粉ミルクの普及等に従事。結婚・出産を経て、子育てと並行して在宅で栄養関連業務を行う。その後フリーランスとして行政・病院・企業での栄養指導を数多く経験。さらに、自身の子どもがサッカーのクラブチームに入団したことをきっかけに、日本体育協会公認スポーツ栄養士を取得(3期生)。昨年の春、FRC(フレック)設立に至る。馬淵恵さんは2児のお母さん管理栄養士代表。また、今日非常に人気の高いスポーツ栄養士。子育てをしながらも管理栄養士としてもキラキラ輝いておられる。実際に子どもを育てながら、たとえ結婚して夫のために今までとは異なる環境に住むなどの変化があろうと、何か栄養に関わる自宅でできる仕事を探そうと自分から積極的な姿勢で取り組んだ結果が、見事に馬淵さんの今につながっているようだ。自分が本当にやりたいと思ったことは、自然に行動力に繋がり、原動力になることを教えていただいた。また、普段なかなか聴くことのできないスポーツ栄養士の方のお話を聴くこともできて、満足していただけたのではないだろうか。人気ではあるもののそんな馬淵さんの姿を見て、私たちも自分が本当に取り組みたいと思えることをこの大学生活の中で見つけていくことができれば、自然とパワーが湧いてくるのだろう。

130525_005
130525_006

皆さん境遇は様々であり、仕事内容も様々。しかし共通して言えることは、自分がしたいことをしているので、生き生きとした雰囲気がお話から伝わりますし、決断よりまず行動。失敗を恐れず行動しています。この行動力はみなさんの未来の後押しになっているのではないかと感じました。それに加えて前向きでプラス思考。だからこそ、諦めず努力をできる場所を見つけることができるのだと感じました。フリーランスで働くことは勇気や覚悟が必要。それでも自分のしたいことを貫いていてみなさん本当にかっこいい女性です。自分のしたいことを人に伝える大切さ、人脈が自然と広がって仕事が舞い込んでくる幸せ・楽しさを教わることができたのではないでしょうか。実際に悩める参加者の心に響くかっこいい女性の管理栄養士としての人生、今に至る経緯を少し踏み込んだ話。皆さん色々な経験をして努力して今の仕事に辿り着いているので、色んなことを経験は意味のある経験。その経験をどれだけ積むことができるのか。色々と考えるきっかけをいただいた貴重な時間でした。

紹介コーナー

協賛企業様の紹介では、非常に印象に残った実演もあり、会場の空気をぐっとつかんでおられました。初の大阪開催にもかかわらず、たくさんの企業様にご協力いただきました。

丸善製薬様

乳酸菌の働く仕組みなどを、パワーポイントを用いて説明していただきました。また、お土産として、スマート乳酸菌配合サプリメント、スマート乳酸菌有機緑茶をいただきました。

幸南食糧株式会社様

前で、お茶や商品の水を用いての実演を行っていただきました。おもしろく、わかりやすい説明であり、ぐっと引き込まれて見入ってしまうものでした。企業ブースでは実際にこのお水を飲ませていただくこともできました。

株式会社日本トリム様

株式会社RDサポート・「日本を健康にする!」研究会様

大手前栄養学院 スウィーツラボ様

今年大阪駅に隣接されたグランフロント大阪にあるスィーツラボ。こちらでは、パティシエの作る手元を見ながら実際に作ることのできる施設が開設されているそうです。とてもおいしそうなスウィーツがつくられていました。お土産には、保冷バックをいただきました。

130525_007130525_008130525_009

その後に今回もスタッフとして協力していた関東の栄養学生団体【N】・関西の栄養学生団体【fun】の紹介の時間もありました。現実問題、栄養士の業界はまだまだ認知度が低く、学生もこのようなコミュニティーの必要性を感じています。今後の拡大・活躍が栄養士業界に何らかの影響を与えるでしょう。

130525_010130525_011130525_012

懇親会(名刺交換会)

パネルディスカッション協賛企業様の紹介のあとは懇親会が開かれました。普段名刺を持つことのない学生さんにも、「ぜひ名刺を持ってきください」と事前にお伝えしたのはこの時間のため。名札には出身の都道府県と、申込時にアンケートで答えていただいた「興味のある分野」を記載しており、名札を覗きながらも限られた時間で一人でも多くの方と名刺交換をされていました。名刺は単に連絡先を交換するだけではなく、自分が何者であるかをひと目でわかりやすく表現する大事なツール。今回初めて名刺を作った方にも、どう見せるか・どう見られたいかを考えることで、今後活躍したい方向性を明確にする良いきっかけにつなげていただけると嬉しいです。

130525_013130525_014130525_015

インタビュー

今回のイベントではインタビュー企画も行い、このイベントに参加して感じたことや、明日からの決意をスケッチブックに書いていただきました。みなさん笑顔や決意が垣間見える表情をされていました。

学生のみなさん

st001

st002

st003

st004

社会人のみなさん

wo001

wo002

wo003

wo004

wo005

wo006

ご協賛企業のみなさま

今回は多くの企業様にご協賛とご協力をいただきました。栄養士ならではのたくさんの嬉しいおみやげももりだくさん!!お土産を実際に手にした参加者さんは、重い!との声も。本当におみやげとは思えないほどのずっしりとしたものでした。おかげさまで、参加者のみなさんには非常に満足していただくことができました。ご協賛企業のみなさま、本当にありがとうござました!

【素敵なお土産(ご試食)のご紹介】

(順不同、配布資料の記載は割愛しております)

  • 幸南食糧株式会社様・・・入浴剤
  • ハウスウェルネス様・・・信玄、サプリ米
  • 小笠原食品様・・・・・・キリンラーメン
  • ビオクラ食養本社様・・・豆乳なのにほぼ豆腐、ベジカレーとろろ昆布入り、熟成三年番茶、白ごませんべい、干し野菜のドリンク、甘い野菜のドリンク
  • SANWA CO.様・・・PCグミ
  • タヒボジャパン様・・・・タヒボNFDエッセンス、タヒボソープリッチ
  • あじかん様・・・・・・・ゴボウ茶、ごぼう美チョコ
  • メディカ出版様・・・・・ボールペン
  • 丸善製薬様・・・・・・・スマート乳酸菌配合サプリメント、スマート乳酸菌有機緑茶

【ご協賛企業様】

  • 株式会社日本トリム様
  • 食事指導のプロを目指す栄養士のためのポータルサイト かわるPro様
  • 食品・健康業界の人材派遣人材紹介サービス RD SUPPORT様
  • 「日本を健康にする!」研究会様

ご協力いただいた皆さま

運営協力
栄養学生団体N、栄養学生団体fun
会場協力
大手前栄養学院様

130525_017

130525_018

130525_019

素敵栄養士さん!ありがとうございました!

130525_016

12時から始まったイベントも気が付いて見れば17時前に・・・あっという間の半日でした。もう少し時間が欲しかったです!と、もっと突っ込んだ話を聴きたい人・まだまだ栄養士の輪を広げ足りない!という人もいたようです。比べるのは自分自身!人と比べないということ!自信があるかどうかではなくて、やりたいことをやる。こんな思いを持って、やりたいことをし、行動、成長したいものです。栄養士の仕事の現状としては、ひとつの職場に限られた人数しかおらず、なかなか外の他の業界の栄養士に会うことのできないのではないのでしょうか。そんな背景の中で、栄養士の卵である養成課程の学生、栄養士の免許を持ってさまざまな業界で実際に働く社会人が交流し、かかわりを持つことのできる場がこのイベントです。このイベントの必要性を感じていただけたのではないかと思います。参加していただいたみなさんは、日々方向性に迷うことや、現状で満足していない、今から違う場に踏み出したいなどという考えを持った方々でではないでしょうか。お帰りの際にはみなさんが笑顔で、明日からの踏み出し方・行動の仕方などのいろいろな分野での刺激・考え方を得ることができたのではないかと思います。この活動は東京からついに今回大阪に広がり、実現。栄養士さんはまだまだいます。まだまだこれからの可能性を感じました。他の地域にもどんどんとこのキラキラ・わくわくが伝染していけば、もっともっと日本の食分野は元気になります!ほんとまだまだこれから。このミッションに賛同し一緒に活動してくれるみなさん、この指とまれ!

開催概要

日時 2013年5月25日(土)12:00~16:30(時間予定)
会場 大手前栄養学院A棟7階 A72教室 大阪市中央区大手前2-1-88
会場地図
大きな地図で見る
参加費
(税込)
【早割】(2013.5.1まで)一般3,000円 学生2,500円
【通常】(2013.5.2~)一般3,500円 学生3,000円
※懇親会の費用を含みます。
定員 100名
内容
(予定)
  • メッセージ『Happyな栄養士になるための7カ条!』
  • パネルディスカッション『活躍する栄養士』
  • Q&A
  • 懇親会
  • 協賛企業紹介
主催 素敵栄養士委員会[est]
後援 一般社団法人 日本健康食育協会
協力 栄養学生団体fun、栄養学生団体N、大手前栄養学院
協賛
(順不同)